【5分で使える!】新PASONAの法則と例文を紹介!

ブログのキラーページや商品レビュー記事で、なかなか成約に結びつかないと悩んでいませんか?

セールスライティングを学ぶことは非常に重要です。

なぜなら、セールスライティングで「人の行動を操作できる」ようになるから。

セールスライティングには、100年以上前から研究が始まり、研究し尽くされているため、正解の型が決まっています。

今回はセールスライティングのフレームワークの一つである、「新PASONAの法則」について紹介します。

1999年に旧PASONAの法則が開発され、2016年に現代の世情に合わせて、新PASONAの法則として改良されました。

一から文章を考えるより、そういったフレームワークを使った方が圧倒的に成果の出る記事を書けます。

例文もあるので、すぐにあなたの記事に活用できます。ぜひ読んでみてください。

目次

新PASONAの法則

PASONAの法則には、旧PASONAの法則と今の時代に合わせて改良された新PASONAの法則があります。

これから、PASONAの法則を使いたいという方は、新PASONAの法則に則って記事を書きましょう

以降では、新PASONAの法則の例文を解説します。

例文を参考にすれば、すぐにあなたの記事に活用できます。

新Pasonaの法則 型

まずは新PASONAの法則の型について紹介します。

Problem:問題提起

読者の悩みを明確にする

Affinity:親近感

書き手が読者と同じ悩みや痛みを知っていることをアピールする

Solution:解決策の提示

問題を解決するための商品紹介と解決できる根拠を示す

Offer:具体的な提案

具体的な提案を解説。商品の価格、特徴、メリットを提示する

Narrow Down:絞り込み

対象の絞り込み、損失回避の心理を狙う

Action:行動

今すぐ行動してもらう

新Pasonaの法則 例文

型に沿った例文を紹介します。

Problem:問題の明確化

いくらアフィリエイト記事を書いても、成果に繋がらないと悩んでいませんか?
いつかはブログで安定した不労収入を得たいと思っているかもしれません。
ですが、残念ながら今のまま記事を量産していても、その夢は実現できません。

Affinity:親近感

実は、私も昔は100つ以上の記事を書き続けても、1円も稼げませんでした。
クリック率も少なく、商品の成約までは程遠い状態でした。
ブログで収入を得ることなど無理なのではないかと、諦めていました。

Solution:解決策

ですが、あることに気づいてから、商品の成約数が一気に伸びていきました。
0円だった月収が6ヶ月で100万円まで達成しました。
この方法について知りたくはありませんか?

Offer:提案

私が実践したのが、この方法です。
商品のリンク
活用の方法は簡単でした。
この教材の手順に従って、記事を書くだけで成約率の高く、収益性の高い記事が量産できます。
ノウハウだけでなく不明点があればメールや電話でサポートしてくれます。

Narrow Down:絞り込み

今なら先着100名に特別価格で提供されています。

Action:行動

この教材を使えば、半年後見違える結果が現れるはずです。
今すぐお申し込みください。

旧PASONAの法則

旧PASONAの法則についても軽く解説しておきます。

ただし、今後PASONAの法則を活用して記事を書く場合は、こちらの旧PASONAの法則をあえて利用するメリットはありません

新PASONAの法則と旧PASONAの法則の違いを知りたいという方は、ぜひお読みください。

新PASONAの法則と旧PASONAの法則の違い

新PASONAの法則と旧PASONAの法則の違いは、2点あります。

スクロールできます
旧PASONAの法則新PASONAの法則
Problem:問題の明確化Problem:問題の明確化
Aggitation:問題の炙り出しAffinity:親近感
Solution:解決策の提示Solution:解決策の提示
Offer:具体的な提案
Narrow Down:絞り込みNarrow Down:絞り込み
Action:行動Action:行動
新PASONAの法則と旧PASONAの法則の違い
  • Affinityがなくなり、新PASONAの法則ではAggitationとなった
  • Solutionで完結していたのが、SolutionとOfferの2段構成となった

旧PASONAの法則では、Aggitationとして、読者の問題を炙り出し、直視させる必要がありました。しかし、新PASONAの法則では、Affinityとして親近感の項目を入れています。現在では、読者は「誰がこの記事を書いたか」を重要視するため、同じ悩みを抱えていたと、という親近感を感じさせるように改善されました。

また、SolutionをSolutionとOfferを二段構成として、Solutionでの解決策の提案と根拠を示した後、Offerで商品紹介やメリットなど、具体的な提案をします。

コツ|セールスライティング 6つのポイント

PASONAの法則のようなフレームワークを使い、セールスライティングする上で、すぐに実践できる6つのポイントを紹介します。

  • 無料&期間限定は最強
  • 利用方法や登録手順を説明する
  • デメリットはしっかり伝える
  • リンクは青色を使う
  • 記事内のアフィリエイトリンクは記事の最後にリストにしておく
  • おすすめだけで終わらない

無料&期間限定は最強

「無料」は「期間限定」という言葉に、読者は最大のメリットを感じます。

紹介する商品にそういった特徴があれば、最大限にアピールしましょう。

利用方法や登録手順を説明する

商品を解説しても、買い方や登録方法が分からないと、記事から離脱され、読者は別の記事から購入してしまう可能性があります。

読者の疑問に先回りし、成約までのステップを徹底的に解説しましょう。

デメリットはしっかり伝える

商品のデメリットは隠さずに伝えます。

読者には、商品を買う際にメリットよりもデメリットを知って失敗したくない、という損失回避の心理が働きます。

まずはデメリットを説明し、それをカバーできるメリットや説明ができると良いでしょう。

リンクは青色を使う

リンクには必ず青色を使います。

読者はGoogleの青色のリンクに慣れていますので、他の色ではリンクとすら認識されない可能性があります。

記事内のアフィリエイトリンクは記事の最後にリストにしておく

アフィリエイトリンクが記事内に複数ある場合には、記事の最後にリスト化してあげましょう。

記事を読み終わった後、リンクまで戻らなくてもアフィリエイトリンクを押しやすくするためです。

おすすめだけで終わらない

商品をおすすめするだけでは、商品は売れません。

「おすすめ」と「おすすめする理由」に加えて、「加えて他社商品との比較」を書くことで、読者への説得力が増し、不安の解消も狙う効果があります。

まとめ

新PASONAの法則と、旧PASONAの法則の違いを解説しました。

新PASONAは以下の通り。

Problem:問題提起

読者の悩みを明確にして、

Affinity:親近感

同じ悩みや痛みを経験していることを伝え、

Solution:解決策の提示

解決するための商品を紹介と根拠を示し、

Offer:具体的な提案

具体的な提案を説明し

Narrow Down:絞り込み

対象の絞り込み、

Action:行動

今すぐ行動してもらう

セールスライティングの書き方に悩んでいる人は、この流れに沿って記事を書いてみてください。

セールスライティングのフレームワークはPASONAの法則以外にも種類があります。

こういったフレームワークを利用することで、一から自分で文章構成を考えるよりも、はるかに効率的かつ効果的な結果の出る文章ができます。

ぜひ参考しにしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる