【売れる!】即実践可能なセールスライティング12つのテクニック!

ブログで稼ぎたいけどなかなか成果がでない…

セールスライティングにはフレームワークがいくつかあるので、それに沿って記事を作成すれば、売れる記事が書けるようになります。

ただし、フレームワークの活用だけでは理想の結果はでないでしょう。

フレームワークに加えて、覚えておきたい12個のセールスライティングテクニックを紹介します。

この記事を読めば、「読者の行動を操るテクニック」が分かります。

全てを覚えるのは難しいので、まずはひとつずつ実践してみてください。

目次

無料は最強である

無料」という言葉には、多くの人が引きつけられます。

「期間限定」「キャンペーン価格」という言葉にも、読者は大きなメリットを感じるでしょう。

紹介する商品にそういった特徴があれば、タイトル、見出し、最後の行動を促す記事のまとめ部分などで最大限にアピールしましょう。

期限を作る

記事を読んでも、基本的に読者は行動しません

「期限」を設けることで、読者に「この日までに購入しなくては」と意識させて行動を促します。

例えば、「今月末までの期間限定価格」と今買わなくては損してしまうように伝え、行動に期限を設けさせると効果的です。

利用方法や登録手順を説明する

読者の不安要素は徹底的に排除します。

商品を紹介しても、「購入の仕方」や「登録方法」が分からないと、

読者はあなたの記事から離脱し、別の誰かの記事から購入されてしまいます。

読者の疑問に先回りし、成約までのステップを徹底的に解説しましょう。

デメリットはしっかり伝える

商品のデメリットは隠さずに伝えます

読者には、商品を買う際にメリットよりもデメリットを知って失敗したくない、という心理が働きます。

まずはデメリットを説明し、それをカバーできるメリットや説明ができると良いでしょう。

リンクは青色を使う

リンクには必ず青色を使います。

読者はGoogleの青色のリンクに慣れていますので、他の色ではリンクとすら認識されない可能性があります。

商品リンクには別の色は使わずに、必ず青色を使用しましょう。

記事内のアフィリエイトリンクは記事の最後にリストにしておく

アフィリエイトリンクが記事内に複数ある場合には、記事の最後にリスト化してあげましょう。

読者が記事の最後まで読み進めている段階で、読者の心理は「購入まであと一歩」です。

その状態で、記事の途中に出てきた商品リンクまで探して戻るのは、読者に負担をかけます。

記事を読み終わった後、リンクまで戻らなくてもよいように、記事の最後にアフィリエイトリンクをリストで配置しておきましょう。

おすすめだけで終わらない

商品をおすすめするだけでは、商品は売れません

「おすすめ」と「おすすめする理由」に加えて、「他社商品との比較」を書きます。

これは読者への説得力が増し、不安の解消を狙う効果があります。

  • このダイエット食品がおすすめです。
  • このダイエット食品がおすすめです。理由は、コスパが高く味も美味しいからです。さらにA社のB商品には含まれていない美容効果のあるビタミンCも豊富に入っています。

人の心を動かすワードを使用する

人が思わず反応してしまう言葉を文章に使うことで、読者の心理に訴えかけます。

本文だけでなく、タイトルや見出しなどに、下記のようなワードを用いることで、クリック率を高める効果が期待できます。

あなた、今だけ、お金、コツ、新しい、愛、簡単、人気、成果、節約、健康、検証、保証、実証、事実、結論、安全、解決、注意、発見、裏技、超絶、悲報、非常識、保存版、無料公開

背中を押す

セールスライティングで重要なことは、文章で読者の背中を押すことです。

基本的な考え方は、「行動しないと損をする。今すぐ行動しないともうダメ。

記事の最後に、読者の背中を押して購入をうながします。

例文:ダイエット食品

価格は高いですが、3ヵ月後に見違える成果がでます。

ジムに通うよりもコスパ良く確実に効果が出る方法なので、今すぐ試してみましょう。

明るい未来をみせる

事実だけを伝えるのではなく、その商品を使うとどういった未来があるのかを伝えます。

例えば、転職エージェントを紹介するとします。

  • この転職エージェントを使えば、転職に成功できます。
  • この転職エージェントを使えば、転職に成功します。今よりも高い給料とより良い労働環境の中で働けて、家族との幸せな時間も増えます。

「転職に成功する」という事実だけで終わらず、

転職することで何が得られるか」を具体的に伝え、読者に商品を利用する価値をイメージさせます。

失敗は絶対に避けたいという心理を利用する

人間は得するときよりも、損するときの方が心理的ダメージを受けます

これを「損失回避の法則」といいます。

この法則を利用すると、タイトルであれば下記のように利用できます。

  • 成功するための転職エージェント活用術
  • 失敗しないための転職エージェント活用術

後者の方が圧倒的に読者の興味を引きつけ、タイトルに利用すればクリック率も向上するでしょう。

売りたい気持ちを抑える

商品の押し売りは控えます

売ろうとすればするほど、読者が違和感を覚え遠ざかります。

読者の悩みは何か」を考え、その解決方法を順番に解説するだけです。

その解決策の中で必要な商品を記事内に配置するだけ、のイメージを持ちましょう。

まとめ

以上、セールスライティングに使える12つのテクニックを紹介しました。

  • 無料は最強である
  • 期限を作る
  • 利用方法や登録手順を説明する
  • デメリットはしっかり伝える
  • リンクは青色を使う
  • 記事内のアフィリエイトリンクは記事の最後にリストにしておく
  • おすすめだけで終わらない
  • 人の心を動かすワードを使用する
  • 背中を押す
  • 明るい未来をみせる
  • 失敗は絶対に避けたいという心理を利用する
  • 売りたい気持ちを抑える

これらのテクニックを意識しないで書いた記事と、意識して書いた記事では圧倒的な結果の差が生まれるでしょう。

どれも簡単に、今すぐ実践できるテクニックです。

いきなりすべてを盛り込むのは難しいですが、まずは一つずつ試してみて、その効果を感じてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる