【独立の壁!】個人事業主の社会保険負担は大きい!会社員との違いを解説

リュウ

妻子持ちで独立を目指しているリュウです

脱サラすると社会保険料の負担が大きいと聞くけど、会社員と何が違うの?

個人事業主と会社員では、社会保険の内容が大きく異なります。

簡単に言うと、個人事業主が加入できる社会保険は負担が大きい上に、保障が薄くなるのです。

扶養しているご家族がいる方は、さらに支払う社会保険料が増大します。

この社会保険料が、脱サラの一番大きな弊害と感じている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、会社員と社会保険料の違いについて解説します。

個人事業主の社会保険に関して把握し、その対応策を知ることで、独立への不安の一つを解消してください。

※筆者は税金・社会保険に関するの専門家ではないため、細かい金額に関しては誤解を避けるため記載しておりません。

目次

会社員と個人事業主の社会保険の違い

個人事業主の手取りを大きく減らす社会保険に、国民年金国民健康保険があります。

会社員と個人事業主の社会保険の違いは下記表の通りです。

年金保険医療保険労働保険
個人事業主国民年金国民健康保険なし
会社員国民年金
厚生年金
健康保険雇用保険(失業保険)
労災保険
会社員と個人事業主の社会保険の違い

個人事業主の場合、年金は国民年金のみ。

医療保険は国民健康保険で、労働保険はありません。

個人事業主の社会保険上のデメリット

上記表の違いから分かる個人事業主のデメリットは以下の通りです。

国民健康保険だと…

  • 怪我や病気で働けなくなった時に支給される、傷病手当金がない
  • 出産手当金がない
  • 扶養の概念がないので、家族分の健康保険料を支払う必要がある

国民年金だと(厚生年金ではないので)…

  • 扶養の概念がないので、家族分の国民年金を支払う必要がある(会社員の場合、扶養される妻(夫)は「第3号被保険者」となり、年金を支払う必要はない)
  • 重度障害を負った際に支給される、障害厚生年金がない
  • 亡くなった際に遺族に支給される、遺族厚生年金がない

雇用保険なしだと…

  • 失業した際に支給される給付金がない

労災保険なしだと…

  • 業務中のケガなどで支給される給付金がない

個人事業主の社会保険上のデメリットに対する対応

社会保険に関して個人事業主の立場をまとめると以下の通り。

  • 怪我や病気で働けなくなっても保障はなく
  • 突然の失業でも給付金はなく
  • 妻が子供を産んでも手当はなく
  • その上扶養の概念が無いため、毎月の社会保険料の負担が大きい

会社員に比べてかなり厳しい立場に置かれていますね。

脱サラするためには、社会保険料の負担は避けては通れない問題です。

この記事では触れませんが、社会保険料に対する解決策があります。

それが「マイクロ法人」を設立すること。

マイクロ法人については、別の記事で詳しく解説したいと思います。

まとめ|個人事業主の負担はかなり大きい

個人事業主と会社員の社会保険の違いについて解説しました。

個人事業主の社会保険料はかなり負担が大きく、その上保障も薄いということがお分かりいただけたかと思います。

これでは家庭をお持ちの方にとって、個人事業主として独立するのは大きな壁に感じますよね。

しかし、「マイクロ法人」という解決策もあります。

社会のいろいろな仕組みを知り、活用していくことで、会社員から独立するハードルを低くできます。

ぜひ、一緒に独立を目指して日々行動していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる